広島助成金事業「文化芸術の灯を消さないプロジェクト」で絵本を制作しました。

下にスクロールをすると絵本を全文読むことができます。

2020もみじのくに_絵本ページ配置2.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_1.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_2.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_3.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_4.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_5.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_6.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_7.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_8.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_9.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_10.jpg
先行用絵本ページjpg_210107_11.jpg

​クラファンの絵本のリターンを支援する

https://camp-fire.jp/projects/view/355844#menu

ここは「もみじのくに」

おや?

もみじのもりから

たのしそうな わらいごえが 

きこえてくるよ

​なんだろう?

たまのりに ジャグリング

 トランプマジック
つぎつぎとびだす まほうのような

パフォーマンスに

みんな はくしゅかっさいです。

サーカスだ!

​ステージでは こびとのユニット

『おんぷらんと』が

たのしいショーを くりひろげています。
「もみじのくにのみんな~!

おいらのなまえは のら!」
「もじゃもじゃあたまの

ぼくは かんだよ!」

つぎにでてきたのは

サーカスだんのアイドル!

 

きれいな おにんぎょうの リカリンです。
リカリンの すきとおったうたごえに

みんなはうっとり。
サーカスは このひ いちばんの

おおもりあがりです!
 

リカリンのうたには みんなのこころを

しあわせにする ちからがありました。

もみじのくにのみんなは

リカリンのうたが だいすきです。

  サーカスが おわったあと みんなは
よるおそくまで

かたづけに おおいそがし。
 

あしたから もみじのくにをはなれて

べつのくにへ いくのです。
 

「あれ?リカリンがいないよ」


さっきまで いっしょにいたはずの

リカリンがいません。

のらと かんは

リカリンをさがしにいきます。
 

「いた!」
つきあかりのもと リカリンは

ほしぞらを みあげていました。


「なんだか かなしそうだね。」
「どうしたのかな。」
のらと かんが たずねても

リカリンは だまったまま。

  はなしかけたり
リカリンの すきなものを みせたり
のらと かんは あれこれしてみたけれど

リカリンから こぼれるのは

ためいきばかりです。
 

とおくから だんちょうさんの こえが

きこえてきました。
「おーい みんなどこにいったんだ!」

のらとかん リカリンは だんちょうさんの

へやに むかいます。
だんちょうさんは いせいよく

ガハハとわらって いいました。

「みんな かたづけはおわったか?

あしたから たこやきのくにで

ショーをするぞ!

あさのうちに もみじのくにをでるから

はやくねるんだぞ。」


すると...

 ようやく リカリンが

くちをひらきました。
「だんちょうさん!わたし もみじのくにと

このくにのひとたちがだいすきなの!
ここにのこって
うたをうたって

くらしたい。」


みんなは びっくり。
「な、なんだってー!」

だんちょうさんは おこっていいました。
「ダメだ ダメだ!」
「リカリンのおんがくは サーカスの

めだまなんだ! ほかに おんがくが

できるひとが いないだろ!

リカリンには つぎのくにへ

ついてきてもらう!」


リカリンは めに なみだをにじませて

へやをとびだしました。

 「まって!」


のらと かんは すぐに

あとをおったけれど 
リカリンのすがたを

みうしなってしまいました。


ふたりは もみじのおかにすわって

かんがえました。
リカリンのように すてきなおんがくを

かなでることができたら

だんちょうさんは リカリンのかんがえを

みとめてくれるかもしれません。
「のらくん うたはとくい?」
「おいら、うたは とくいじゃないや。」

のらと かんは からだをうごかすことは

とくいだけど おんがくは

にがてだったのです。
「あー!もう どうしたらいいんだ!」
ふたりは いきおいよく

たちあがりました。


そのときです!
ターン♪
もみじのおかに すてきなおとが

なりひびきました。
いまのは なんのおと?

 ターン♪ タタターン♪
「じめんをけったら すてきなおとがするよ!」 のらと かんは リズムよくじめんを けってみました。


タンタタターン♪

ふたりは かおをみあわせて

こういいました。
「これだ! ぼくたちも リカリンみたいに

すてきなおんがくを かなでられる!」

そのようすを もりのおくから こっそり

みている ふたつのかげ。

それは...

だんちょうさんとリカリンでした。


だんちょうさんは

すこしおこりすぎたかな
リカリンは ひとりだけ わがままをいって

こまらせたかな と
しんぱいして ふたりを みていました。

  だんちょうさんと リカリンが

ふたりのもとに でてきていいました。
だんちょうさんは てをたたきながら 
「すばらしい おんがくだ!

きみたちが リカリンのために

がんばるすがたをみて かんどうした。

サーカスもだいじだが

リカリンのきもちも たいせつだ。

リカリン さっきは わるかった。

もみじのくにに のこってもいいよ。」


のらと かん リカリンは おおよろこび。
「のらくん かんくんの おかげだよ。あり

がとう。すてきなおんがくね。」
「リカリン さみしくなるけど

げんきでね。」

ねるまえに のらと かんは リカリンへ

おくる おわかれのプレゼントに
おりづるを おりました。
リカリンが もみじのくにで
みんなと

なかよく げんきにくらせるようにと

ねがいをこめて。

つぎのあさ いよいよ おわかれのときが

やってきました。 のらと かんは

リカリンにおりづるを わたします。

「のらくん かんくん ありがとう。

はなれても ともだちだよ!」
のらと かんは つぎのくにへと

たびだちます。

それから  リカリンは もみじのくにで

いちばんのかしゅになって もみじのくにの

みんなと なかよくくらしました。

おんぷらんとと サーカスだんは

せかいのくにをまわって

たくさんのひとに えがおを とどけています。

ひょっとすると つぎは あなたのもとに

きてくれるかもしれませんね。